男女

みんなで楽しむ忘年会に用意する景品とは|人気のアイテムを選ぼう

楽しい宴会にするために

ギフト

目玉になる賞品を選びます

忘年会でビンゴゲームなどをして参加者に景品を持ち帰ってもらうことが多いでしょう。忘年会の参加者のメンバーによって景品の品選びが異なります。また年齢や立場が同じ友達なら品物を選びやすいです。一番景品選びが難しいのは職場での忘年会でしょう。年齢も男女も好みも異なるからです。また近年は目玉になる賞品は豪華にして、景品に段階を作る傾向にあります。目玉になる景品はテーマパークのペアチケット、お掃除ロボット、和牛などの豪華なグルメです。加えて、生ものは当日は目録にして、ハガキを送ることによって自宅に届くように出来るものがネット通販で購入できます。次の段階は豪華なスイーツやバリスタマシーンなどです。持ち帰りに困らないよう、袋も用意します。

ハズレは作りません

ビンゴになったのに、景品がなしというハズレは作らないようにします。全員に何か当たるようにしましょう。参加賞は商品券や割引券や入浴剤、大型のお菓子などが良いでしょう。また笑えるような面白グッズを入れる時には、下ネタにならないように注意します。ウコンやシジミなどのサプリメントが良いでしょう。加えて、忘年会シーズンは冬なので、マフラーなどの身につけるものを選びがちですが、好みが別れるので避けます。同様にキャラクター物も避けます。さらに参加者全員が満足できる忘年会の景品選びは難しいです。なるべく、持ち帰りが容易なこと、好みが別れないもの、実用的なものを選びます。最近はネットで注文できるものも増えました。歩き回って探さなくても準備が出来るので便利です。

演奏

イベントに感動の要素を

和太鼓の演奏はシーズンイベントで呼ばれる機会が多いため、早めに問い合わせて予約を済ませると良いでしょう。機材運搬車両は駐車場所が必要です。歩いている人の足を止める効果、またはメインイベントまで引き止める効果があります。料金は演者の数で計算されるため、予算の都合に合わせやすいサービスです。

演奏

日本人の心です

日本で昔からの伝統的な楽器である和太鼓は、地域ごとのチームも多く幼いころから親しんでいる愛好者も数多くいるいます。爽快なリズムとダイナミックな振付けが大きな魅力で、ソロから大人数での掛け合いまで演奏形式もバラエティー豊かです。

和太鼓

迫力が大事

和太鼓の演奏は、日本だけでなく、世界的にも人気のある音です。昔からあるお祭りにも欠かせないですが、現代的なイベントにも集客する力があるので、色々なイベントに引っ張りだこです。一度は聞いてみたいと思わせる演奏です。